2017年5月31日水曜日

サンテクノさんの新モデルハウスがオープン(高崎市日高町)


「群馬の家」編集の吉田です。


2017年5月、高崎市日高町に「株式会社サンテクノ」さんの新モデルハウスが
完成したので、見学させてもらいました。




「サンテクノ」さんが手がけているのは、「FREEQ HOMES」という
ローコスト×エコロジーハウス。
今回のコンセプトは”カリフォルニアスタイル”ということで、
とても楽しみにしておりました。



さっそく室内へおじゃま。
階段3段分くらい降りたところにリビングがあります。↓↓↓





薪ストーブが設置されていて、天井は吹き抜けになっています。





ダイニング。



ダイニングの延長にアウトドアダイニングを備えており、
より広い感じがします。


キッチンも明るくて動きやすそうです。
まるでカフェのようなインテリア。






キッチンからはスムーズな動線で、洗面所、バスルーム、その隣にトイレと
続きます。





遊び心ある壁のデコレーションが印象的でした↓↓↓ 




1階ベッドルーム。 



2階への階段の壁は、レンガを積み上げたようになっています。↓↓↓




コチラ、材質は本物のレンガではないそうですが・・
見た目は限りなくレンガですね。軽くて扱いやすいそうです。




2階には子ども部屋。
壁紙が天井までひとつづきになっており、天井は木目調。



なんと壁は、ボルダリングができるようになってます(お子様仕様、体重制限あり)。


一方こちらは女のお子さんをイメージした子ども部屋。



天蓋付きベッド、憧れです。
そして壁際に設置されたシェルフには驚きの仕掛けが。
詳しくお見せしたいところですが、サプライズポイントだそうなので、
どんな仕掛けなのかは・・・ぜひ、現場でご覧ください。


こちらは2階から見た階段です。↓↓↓



廊下の突き当たりにブックシェルフがあるんですが↓↓↓



手前にスライドさせると・・・・

なんと小部屋が出現。ブックシェルフが、部屋への扉を兼ねていたのですね。
こんな遊び心満点の仕掛け、お子さんが大喜びしそうです。


腰を落として入るので、秘密基地のようでわくわくしました。


室内は「おこもり感」満点。
一人の時間を過ごすにもいいし、家族でゆったりDVD鑑賞するにもいいですね~。


さらにこんなロフトスペースも。↓↓↓




ゆっくり読書したくなりますね。


ちなみにロフトスペースからは、階下のリビングが見おろせます。↓↓↓
1階にいる家族の動きや気配が感じられますね。





ほかにもこだわりのデザインが至る所に↓↓↓
インテリア性が増し、暮らし続けるほどに愛着がわきそうです。






ほかにもお見せしたい写真がたくさんあるのですが、しつこくなると
いけないので、これくらいにしておきます。


いかがだったでしょうか。
「FREEQ HOMES」が提案するのは、無理・無駄を省いた自然と共生する
くらし。薪ストーブで暖かく、太陽光で賢く暮らす。
ローコストでありながら高い耐震性を備え、遊び心を忘れず、生涯にわたって
楽しみながら暮らせる家。
ご興味のある方はぜひ、見学に行ってみてください。


--------------------------------------------------

「群馬の家」のホームページに、詳細な企業情報を掲載しています。
⇒ Sante Techno(サンテクノ)FREEQ HOMES(フリークホーム)




ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

2017年4月26日水曜日

4月のオープンハウス3軒

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。
4月の週末に3軒を見学してきました。

まずはミヤホームさんの家から。


「Flow Living」と題されたこの家は、リビングを中心にしてさまざまな空間が繋がっていて、家族が集まる場所と、個々に過ごせる場所とが設定されているようでした。
また、オープンハウスに合わせてインテリアもコーディネートされていて、見応えのあるイベントになっているように感じました。


次は「モックの家」草処建設さんが前橋市内で開催した内覧会です。



木をふんだんに使った和風住宅です。
玄関ホールにあしらった木格子がおしゃれでした。


最後は守屋建設さんの見学会。太田市で開かれました。



シンプルなデザインの平屋は、耐震性を重視したテクノストラクチャーの家です。
高さがあるためゆとりを感じる空間に仕上がっていましたよ。

2017年3月27日月曜日

タカトーホームさんの新モデルハウス

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。

タカトーホームさんが手掛けている「LifeBox」の新モデルハウスが、太田市内にオープンしましたので、見学してきました。



「LifeBox」は無駄を省いた四角い形状のシンプルな間取りに、タカトーホームさんならではの珪藻土や無垢床を用いた住まいです。
建築費を抑えながら、自然素材に囲まれた暮らしを提供する商品となっています。

リアルサイズの新モデルハウスは、落ち着きのある色合いでまとめたシックな家でした。
1階はLDKと和室、2階は寝室や子ども部屋を備えています。
テレビの背面に貼った板が目を引きますね。

見学は予約制ということですので、気になった方は問い合わせてみてください。

2017年3月21日火曜日

春のオープンハウスめぐり

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。

少しずつ春の気配が強まってきたなか、18~20日の連休中に開催された3軒のオープンハウスにお邪魔してきました。

まずは下仁田町で開催されたケイハウスさんのオープンハウスです。


コンパクトな平屋の内部は、土間空間と居住空間に分かれています。
居住スペースは、ロフトを設置した板張りの空間。入口から続く土間には薪ストーブが設置されているうえ、窓際には建て主さん手作りというテーブルが配置されていました。
ここは地域の方々が集まれるようなスペースにしたいという意図があるそうです。農作物を加工できる厨房も備えているので、この雰囲気を生かしてすぐにお店が開けそうな印象でした。



つぎは太田市で開かれたミヤホームさんのオープンハウス。



こちらも平屋です。やはり平屋は人気があります。
こちらは明かり取り、通風を意識した中庭が整備されていました。クローズタイプの中庭なので、窓を開けていても安心ですね。
ミヤホームさんらしい、すっきりしたデザインの空間に、ダイニングテーブルやソファなどの家具も配置されていて、このまま撮影したいと思えるほど、見応えのあるオープンハウスでした。



最後はHIRO建築工房さんのオープンハウス。前橋市内で開かれていました。



「中庭のある家」と名付けられた住まいは、中庭に面して空間が配置されています。
画像はリビングからキッチンに向かって撮ったものですが、左側が中庭になります。
中庭を挟んだ反対側には、下がった位置にモダンな和室がしつらえてありました。
画像はありませんが、2階から屋上にも出ることができます。もちろん、そこからも中庭が一望できます。
現状では中庭が整備されていませんでしたが、デッキが入れてもいいですし、思い切って植栽を施すというのもいいですね。個人的にはウッドデッキの中心にシンボルツリーを植えるスタイルが良さそうにも思います。

それぞれテイストの異なる3軒を見学させていただきましたが、やはりオープンハウスは勉強になりますね。
家づくりをする上でもさまざまなヒントが見つかると思いますので、興味を持ったイベントには積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

2017年2月28日火曜日

「群馬の家」vol.11 はデザイン一新、家づくりのノウハウ特集号です!

理想の家づくりを応援する群馬の住宅専門誌、

 「群馬の家 vol.11 春・夏号」発売中です。


【巻頭特集】専門家が家づくりの疑問を解決! 家の建て方 Q&A
家づくりに関するさまざまな疑問に、住宅やマネーの専門家が回答します。
はじめて家を建てるなら、分からないことばかりで当然です。
「失敗しない家づくり」のために、参考にしてください!

 【建築実例集】お宅拝見! 群馬の建築実例35軒
群馬県や周辺地域で建てたお宅を編集部が取材。
さまざまな家族が建てた住まいの実例を、あなたの家づくりに役立ててください。

【暮らしを豊かにする家具に出会う】インテリアショップガイド
豊かな暮らしを実現するために欠かせないのが、住まいにマッチしたインテリア。
群馬と周辺エリアの個性的なインテリアショップ16店舗を紹介します。

【土地選びのヒントに】土地から探しているヒト必見! どう探す? どこに住む?
土地はどう探せばいいのか、どう選べばいいのか、疑問がたくさんあります。
そこで、土地の専門家や、幸せな暮らしを実現した人の声を紹介します。


【支払い額から考える家づくり】月額3万円台で建てる家
住宅への投資を抑えて、日々の暮らしに費用を充てる人が増えているようです。
月々の支払い額「3万円台」「4万円台」「5万円台」のプランを紹介する企画です。

【家づくりに失敗しないために】私の失敗談
全国から寄せられた、家づくり体験談をまとめました。先輩の失敗を参考にして、間違いのない家づくりを成し遂げましょう。

【建築会社カタログ】家づくりパートナーガイド
群馬県内と周辺エリアで施工可能な建築会社をカタログ形式で紹介。
憧れのマイホームを一緒に建てるパートナーが、きっと見つかります!

【家づくりのノウハウを学ぶ】はじめての家づくりパーフェクトガイド
家づくりに取り組む際に、押さえておきたい基礎知識を紹介。ライフプランの立て方や、家づくりの流れなど解説しています。参考にして、失敗しない家づくりを実現しましょう。


施工実例の紹介と家づくりのノウハウをまとめた、お役立ち情報満載の一冊です。
お気に入りの暮らし方が見つかったら、ぜひ参考にして、その夢を実現してください。
価格は350円。書店、コンビニでお求めください。

お近くでお求めになれない場合はこちらからもご購入いただけます

2016年11月30日水曜日

「築4年の平屋」見学会

こんにちは。編集部のサトウです。
 
「入居後OB様宅見学会」にお邪魔してきました。
 
 
タイル仕上げのテラスを備えた、3LDKの平屋です。
 
担当者のKさんに伺ったところ、
  「子育て世代の4人家族の家」であり、築4年とのこと。
 
 
アプローチ越しに撮影。
 
師走間近のこの日、
厚い雲に覆われて、小雨が降ったり止んだり。
あいにくのお天気でした…。
これが春から初秋にかけてであれば
白いタイルに緑の芝生がくっきり映えて
見事なんだろうな~と思うことしきり。
 
あとはなんといっても、
リビングの掃きだし窓から繋がるデッキは、
バーべキュー、花火、プールなど、
子どもと一緒に「夏」を身近で楽しむ機会が増えるのでは?
ちょっとうらやましいです。

 
LDKは約20帖だそうです。
 
 
大きなアイランドキッチン。
家族全員で食事の準備やお片づけをしても、
十分ゆとりがあると思いました。
  
 
住み心地について、建て主さんとのQ&Aが
手作りのパネルで表示されていました。
実際に暮らしているお宅を見学しながら、
住まい手の声を聞くことができる。
 
家づくりを考えている方にとって、
またとない機会になるのでは、と思います。
 
関心のある方は、問い合わせてみてください。

2016年11月28日月曜日

内覧会に行ってきました

営業部のムトヲです。

今回は
田村建築設計工房さんの内覧会に行ってきました。


人気の平屋スタイル(模型)

今回は人気の平屋のお宅です。

東西に広がる落ち着いたたたずまい

もちろん家事動線を配慮した設計、デザインもさることながら
今回のお宅での感動ポイントは・・・

①分離発注方式

これは工務店に一括発注でなく、内装、外溝、電気など個別に施主が契約する方式です。
DIYを愛する方々にはコストの透明化(場合によってはコスト抑止)にもつながる契約方式ですが、内外装の塗装をかなりお施主さんが行っていることにより
いずれくるメンテナンスの際、セルフメンテがしやすくなってくるということ。
家族の住まう家を自分たちでメンテナンスって素敵ですよね。

内装の塗り壁もお施主さんの手による。

外装木材は伝統的な塗料で赴きのある風合いに。

②高床

こちらは通常より基礎が高くなっている構造です。
それによりもちろん大雨のときも安心ですが

それより大きなメリットとして
目線と日当たりです。
1.5階ともいえる目線の高さはプライバシーを保つ意味でも
ピクチャーウインドーとしても大きな開放感があります。
また、南面に2階建ての家が建っていても十分な採光を可能にしています。

高床により南面の採光もより多く取れる

この高さによって通行者との目線差が生まれプライバシーが保たれる

DIY好きな方や制限のある土地でお悩みの方には
グッドアイデアではないでしょうか。

お客様も多数いらっしゃったので
内観はあまり撮影できませんでしたが・・・

薪ストーブを囲む生活がなんともうらやましい。

素敵な薪ストーブも、LDKに集う家族にとって、
温もりと笑顔を運んでくれそうですよね。

これから家を建てようという方々にとって
素敵なプラスワンアイデアになりますように。